基礎控除額について

相続した財産についてまわるのが、相続税です。
相続税はお金持ち特権で関係ないと思われるかもしれませんが、法改正によりお金持ちだけのものではなくなってしまいました。
でも基礎控除の額に収まっているのならば、相続税は発生しません。
では基礎控除とはどういうものか、今一度確認してみましょう。

まずは、相続税を計算する方法を簡単に紹介します。
相続税は冒頭にも述べたように、相続した財産につく税金です。
例えば被相続人の預貯金額が1,000万円あれば、1,000万円分の税金がかかります。
ただし相続する財産は預貯金だけでなく、不動産や家財道具も含まれます。
相続する財産を全て合計し、金額を割り出します。
相続財産の合計を出したら基礎控除を引き、残った分に相続税がかかります。
ただし相続財産よりも基礎控除額の方が多くなると、相続税は発生しません。
納税はもちろん申告の義務もありません。

では基礎控除を割り出すには、どうすれば良いのでしょうか。
基礎控除額は「3,000万円+600万円×相続人の数」で、割り出すことができます。
例えば夫が亡くなり、妻と2人の子供が相続人になったとしましょう。
すると「3,000万円+600万円×3」で、4800万円が基礎控除になります。

それでは、夫が遺言書で「全財産を妻に全て委ねる」と書かれており全財産を妻に譲った場合は、どうなるのでしょうか。
先ほどの例と同じく、子供が2人いたとします。
財産を受け取るのは妻1人だけですが、基礎控除額は4800万円に変わりはありません。
もし財産が基礎控除額以上のこされていれば、配偶者控除で相続税を0円にすることが可能です。
ただし配偶者控除を利用するには、必ず申告しなければいけません。

ただ基礎控除額が下げられ相続税を支払う人が増えたとは言え、実際に支払った人は全体の10%未満です。
相続税についてどうしたら良いのかと、考えることは確かに重要です。
でも過度に考えすぎないようにすることも、重要です。