相続の申告期限

相続の申告には、期限があります。
少しぐらい遅れても大丈夫ではと思われるかもしれませんが、期限は法律で決められているので遅れる訳にはいきません。
では相続の申告期限はいつになっているのか、取り上げます。

相続財産を全て手放す相続放棄の申告は、3ヶ月以内と決められています。
相続放棄をすると、財産を引き継ぐことはできなくなります。
相続の権利を失ってしまうことになるので、1円たりとも受け継げなくなります。
しかし相続の権利がなくなったということは、相続の手続には一切関わることはありません。

限定認証も、相続放棄と同じく3ヶ月以内と決められています。
相続財産に何がのこされているのかは、詳しく調査してみないと分かりません。
プラスの財産だけのこされているのならば良いのですが、マイナスの財産も含まれていることが考えられます。
そこで限定認証です。
限定認証は相続財産にどういうものがあるのか判断できない場合、相続財産でマイナス分を補い、残った分を受け継ぐことを言います。

相続税の申告と納税の期限は、10ヶ月以内と決められています。
相続した財産には、相続税という形で税金がかかります。
ただし全ての人に、相続税がかかる訳ではありません。
相続財産の合計が基礎控除額内に収まっていれば、相続税の申告や納税義務は発生しません。
ただし特例により相続税が控除された場合は、申告の義務が発生するので要注意です。

不動産の手続・預貯金・株式・自動車などの手続に関しては、特に期限は定められていません。
思い立った時に進めても、法律上何の問題もないので焦る必要もないでしょう。
しかし期限がないからとは言え、そのまま放置するのも考えものです。
もし何年も手続きしないまま放置をしてしまうと、相続財産を自由に取り扱うことができなくなります。
後で手続を進めることもできなくはありませんが、かなり面倒です。
時間に余裕がある時で良いので、必ず手続を済ませるようにして下さい。