相続申告の書類って?

相続

相続した財産は、どういうものであれ何らかの申告が必要です。
申告の手続きを進めるには書類提出が求められますが、具体的にどういう書類を集めれば良いのかハッキリしていない方も多いでしょう。

そこで相続申告に必要になる書類について取り上げます。

まず揃えておきたいのが、被相続人の”全て”の戸籍謄本です。
全ての戸籍謄本とは、被相続人が生まれてから死亡するまで全ての戸籍謄本を指します。
「戸籍を取り寄せるだけなら役所に行けば済む話」という声もあるでしょうが、人によっては役所へ行けば済む話では終わりません。

戸籍に関しては、何度も法改正や記録方法が変わっています。
法改正や記録方法が変わったことにより、何度も戸籍が書き換えられているのです。
戸籍が書き換えられると、古い戸籍情報記録が新しい戸籍情報に記録されないことがあります。
戸籍情報に漏れが出てしまうと、相続申告の手続に大きな影響が出てしまいます。
だからこそ被相続人の戸籍は、”全て”揃えなければならないのです。

戸籍謄本を取り寄せるには、役所に問い合わせることです。
ただし問い合わせる役所は近所の役所ではなく、被相続人の本籍地にある役所です。
本籍地が何処にあるのか分からない場合は、住民票の写しを取り寄せて確認しましょう。
ちなみに住民票も相続申告には必要になるので、大事に保管して下さい。

本籍地と現住所が同じならば、近所の役所に赴いても問題ありません。
ただ本籍地と現住所が違う場所なら、取り寄せなければならなくなります。
戸籍謄本は取り寄せるのが難しい書類で、場合によってはかなりの時間を要します。
なるべく早い目に準備して下さい。

遺言書も、相続申告の手続きを進める上で必要になる書類です。
相続申告は基本的に、遺言書を元にして行われます。
遺言書が何処にあるかは、被相続人でしかわかりません。
家の中・入所していた施設などを徹底的に探し、遺言書を何が何でも見つけ出して下さい。

徹底的に探しても遺言書が見つからなければ、相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明書・遺産分割協議書を用意します。
遺産分割協議書は相続人全員が財産をどう分配するのかを話し合い、まとめた書類のことです。

相続申告には戸籍謄本・遺言書以外にも、様々な書類が必要です。
簡単に準備ができるものもあれば、1枚取り寄せるだけで時間がかかるものまで様々です。

後で慌てないためにも、どういう書類が必要になるのかしっかり確認した上で相続申告の手続きを進めて下さい。